2016.10.18

郷土の建築再発見

建築研究

郷土の建築再発見として両毛地域を中心とした研修旅行を行いました。
日常の視線の中に見え隠れしながら、深く知り得ない様々な建築を見学することにより、伝統、文化に根ざした設計のあり方を考える旅でした。

両毛地域は都より遠く離れた東国にありながら遺跡等からの出土品にみるように人々の暮らしが連綿と続いてきました。養蚕との関わりが深く明治期以降の近代化を生糸の輸出によって支えたと言われています。


20161018144720.jpg
阿久沢家住宅(前橋市) 江戸中期 国指定重要文化財


20161018144923.jpg
わたらせ渓谷鐵道 上神梅駅(みどり市)1912年(大正元年) 国登録有形文化財(建造物)


20161018145007.jpg
桐生倶楽部(桐生市)1919年(大正8年) 国登録有形文化財(建造物) 桐生市重要文化財


20161019095818.jpg
桐生市有鄰館(桐生市)天保14年~大正9年 桐生市指定重要文化財


20161018145101.jpg
彦部家住宅(桐生市)江戸時代初期 国指定重要文化財


20161019092639.jpg
足利学校(足利市)1990年(平成2年) 日本遺産


20161019092719.jpg
厳華園(足利市)江戸末期 国登録有形文化財(建造物)


20161018145145.jpg
旧上毛モスリン本社屋(館林市)1910年(明治43年)群馬県指定重要文化財


20161019095531.jpg
田山花袋旧居(館林市)江戸後期 市指定重要文化財(館林市)


20161019095703.jpg
二業見番(館林市)1938年(昭和13年) 国登録有形文化財(建造物)


20161019095747.jpg
県立館林美術館(館林市)


20161018145230.jpg
旧中島知久平邸(太田市)1930年(昭和5年) 国指定重要文化財(建造物)


20161019093315.jpg
田島弥平旧宅(伊勢崎市)18633年(文久3年) 国指定史跡 富岡製糸場と絹産業遺産群 世界遺産構成資産


20161018145408.jpg
高山社跡(藤岡市)1891年(明治24年) 国指定史跡 富岡製糸場と絹産業遺産群 世界遺産構成資産

category

back number

RSS