2018.11.23

版築を皆で造りました

建築研究

笠の家にて薪ストーブの遮熱壁として版築を造りました。
版築とは型枠に土を入れ付き固めることを繰り返して壁を造る技法です。地層のような模様が魅力的です。

建築主、現場監督、電気屋さん、機械設備屋さん、私共に加え県内の建築系の専門学生とちょうど工務店に職場体験に来ていた高校生も参加してのセルフビルドです。

数週間前から土の配合や色の着色試験をして、施工当日は皆でワイワイガヤガヤ土を混ぜては締め固めることを繰り返しました。
現場で作業中の大工さんも興味があるようで、施工中ちょくちょく覗きに来ます。やはり職人さんはものづくりが好きなのだなと関心しましたし、手作りの家づくりの良さ、あたたかさを実感しました。

osirase42.jpg

先日、いよいよ型枠の脱型を行いました。

osirase43.jpg

osirase44.jpg

面白い模様が出たかと思います。狙って出せないこの自然のゆらぎとも言える模様の偶然性が版築の魅力の一つです。

硬化や着色のための材料以外はすべて基礎工事の際に掘った現場の土です。版築はサスティナブルな工法の一つだと思います。
同じくサスティナブルな暖房の薪ストーブに見た目はもちろん、意義も合致する遮熱壁になりました。
建物完成後は蓄熱壁としての働きも期待しています。

横堀将之


2018.08.03

木と暮らす生活。

建築研究

550-20161014-DSC04020.jpg

森林資源に恵まれたに日本では住宅は木造で長い間建てられてきました。真壁工法と言われる柱や梁の骨格を表した力強い表現が日本の住宅の伝統でもありました。
現代においては都市の過密化からの防火性能の要求、度重なる地震被害への耐震性能の向上、省エネ性能のための断熱性能向上などのため柱などは壁で包まれる傾向にあり、本物の木材と触れる機会が少なくなってきました。さらに仕上げもプリント技術の向上で木材の表面を写し取った建材、建具が多用されています。

_MGL9376a.jpg

当研究所としてはこれらを念頭に入れつつ、自然素材の木材の特性を最大限活かす試みを続けています。プリントされた建材は劣化が進むだけですが本当の木材は年月に応じた深みのある表情を見せます。今古い民家が見直されるのも時間を経たものだけが持つ価値を見出す動きの一つです。
建築に使用される木材は主に杉、桧などの針葉樹、またナラ、タモ、等の広葉樹ですが木取りと言われる裁断方法によっても表情が全く変わります。木材が本来持つ様々な表情、また香りなど心にしみる特性を今後も大切にしていきたいと思います。

代表的な木材のサンプル画像を御覧ください。

1 杉柾目 
  代表的な建築材料として柱梁など構造材から建具まで幅広く使用されています。
550-sugimasa.jpg

2 杉板目 
550-sugisiroita.jpg

3 桧板目(吉野産)
  日本原産の木材で木目の細い木肌で高級材で神社仏閣等にも使用されます。
550-hinokiita.jpg

4 米ヒバ柾目
  虫害に強い樹種と知られ土台な土に使われる他、建具材にも使われます。
550-hibamasa.jpg

5 米ヒバ板目
550-hibaita.jpg

6 タモ柾目 
  広葉樹で固く造作材に使われます。
550-tamomasa.jpg

7 タモ板目
550-tamoita.jpg

8 栗板目 
  水に強いことが知られ、鉄道の枕木などにも使われました。
  土台などの構造材や床材としても耐久性の高い木材です。
550-kurimasa.jpg

9 米松(ピーラー)柾目 
  北米原産の針葉樹です。大きな樹種で強度を生かして大架構に使われます。
  木目が細かい部分は造作材や建具材としても美しい木目を生かして使われます。
550-piramasa.jpg

10 米松(ピーラー)板目
550-piraita.jpg

このように木の特性、表情は材種により様々です。
設計においては適材適所、組み合わせてより豊かな空間創りに努めております。
木材についてご質問をお待ちしております。


2018.06.27

メンテナンスとリノベーション

建築研究

私達は200棟に及ぶ様々な建築の設計・監理を担当してきました。そして完成後の維持管理についても関わっています。

■メンテナンス

住宅をはじめ建築は竣工が完成ではなく、住まい始めることによって本来の建築のもつ役割がスタートします。生活を営む間、経年変化は生じます。不具合箇所は早期に手当することによってより長く使用することができます。
当研究所では工事契約の条件に6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月の定期点検を設けています。住宅瑕疵担保履行法では工事の完成保証と雨漏りと躯体の損傷等、住宅の重要な事柄について10年間の保証を定めていますが、使い始めて起こる初期的な不具合を解消するためです。

550-DSC05778.jpg


■リノベーション

550-20180328-DSC00915n.jpg

住宅に求められる機能等、人生の流れとともに変化します。家族構成の変化。身体能力の変化、職業の変化による生活パターンの変化などです。
当研究所で手がけた住宅も築後30年近く経つものもあります。すでにキッチン、お風呂等水廻りの更新時期を迎え、改装工事が始まっています。また加齢による身体機能の低下を補うためのバリアフリー化工事、単世帯から他世帯住宅への機能改善など建築全体にわたる「フルリノベーション工事」などにも携わっています。

y4.jpg

愛着ある我が家を長い間楽しめるための新しい取り組みが始まっています。

2018.01.23

建築視察研修 2018年1月22日 東京

建築研究

550tokyo-20180118-DSC03694.jpg

建築設計において、「温故知新」ということも新しい試みをするにあたって大切なことです。
現在世田谷区で進行中の再生工事(フル・リノベーション)の現場研修も兼ねて東京都内にある建築を視察しました。


■江戸東京たてもの園 東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
550tokyo-20180118-DSC03695.jpg

江戸時代から昭和時代にかけ建てられた特徴的な建築を広い公園内に移築した建築博物館です。

550tokyo-20180118-DSC03711.jpg

またその時代の暮らしぶりも合わせて展示するなど生活の歴史も学ぶことが出来ます。

550tokyo-20180118-DSC03733.jpg

前川國男邸や昭和の歴史の転換点の舞台となった高橋是清邸なども移築されています。

550tokyo-20180118-DSC03726.jpg

昭和代表する建築家の住まいは日本的な材料を使いながらもモダニズム建築として高い完成度を視ることが出来ます。三井八郎右衛門邸や高橋是清邸は近代和風建築の材料、職人の技能共を示すものです。


■世田谷美術館 東京都世田谷区砧公園1−2
kadokura--1.jpg

開館 1986年
設計 内井昭蔵建築設計事務所

設計者は「桜台コートビレッヂ」など近代建築的手法からアールトを経てライトの影響を感じる細部に有機的な形態を多用するようになった時期の代表作。
吹上御所へ至る過程が読み取れます。ポストモダンの時代性とも符合するところがある。近くには環八道路沿いに隈研吾出世作のM2(現在は斎場)もあります。


■世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館
550tokyo-20180118-DSC03866.jpg

開館 1993年
設計 佐藤秀工務店

向井潤吉は民家を描いた洋画家でこの建物も日本の民家をモチーフに坂道に沿って建てられています。設計は木造邸宅を多く手がけた佐藤秀工務店の特徴をよく表しています。
世田谷美術館は市井の生活に身近な芸術を取り上げることを特長としていますが、地方出身者が多いであろう区民にとっても身近な田舎家をモチーフにした向井潤吉の絵画もまた身近な芸術と言えましょう。


■世田谷区役所庁舎
550tokyo-20180118-DSC03847.jpg
  
完成 1959年から1969年
設計 前川國男建築設計事務所
設計者は戦後の近代建築の巨匠に一人でありルコルビジュの弟子の一人です。
街の中にあって高低差も利用しつつピロティによって開放された敷地はいかめしい行政庁舎とは一線を画するものがあります。
残念ながら老朽化を理由にまもなく姿を消しますが、ヒューマンスケールの空間は区民はじめ建築を愛する人達に長く記憶されるでしょう。

2017.12.27

杉の原木を選びに行ってきました。

建築研究

先日、県南の山岳地帯へ杉の原木を選びに行ってきました。
この地域に縁のある建築主の家に使うための杉丸太です。
これから選んだ杉を元にプランを詰めていきます。

osirase15.jpg

県南の山々は日当たりの関係で、杉の成長もゆっくりとなり、今回選んだ杉も直径180mm~260mm程度ですが樹齢は60年との事です。
建築主のご祖父様が植樹されたと聞きました。
当時は財産になるとの事で元々畑だったこの土地に植樹をしたそうです。
下の方は枝打ちの形跡も見られ大切に育てられていたことが伺えます。

現在、山に行けば有り余る程の杉を目にします。60年代の木材の輸入自由化による影響。
当時を生きていない私はなんとも言えませんが、日本の山には家を材料がたくさんあるのは事実のようです。

手入れが行き届かない杉には製品安定性といった視点からは疑問があるものも多くありますが、実際良いものもありますので家の住まい手のよりどころ、シンボルとして少しずつ取り入れていくのも良いかと思います。

2017.03.04

敷地探し

建築研究

敷地探しは建築の第一歩です。
建築の用途に応じた土地の特性が建築との相性が良いか見極めることが大切です。

hp-85.jpg

道路の位置や幅、高低差などの現地の形状が長所にも短所にもなります。

都市計画法による建築制限など
用途地域や防火地域、風致地区など建築を制限される法律があります。


さらに必要な情報の例です。

埋蔵文化財
群馬県平野部は遺跡の宝庫。土地の所有者の負担で発掘調査を行わなくてはなりません。事前に付近の経歴をよく調べる必要があります。

不法投棄物
造成時に雑木林を伐採しそのまま埋めた例や建設残土等を違法に埋められた場合産業廃棄物として高額な費用が発生します。

残置基礎構造物等
工場跡地で地表までは撤去したものの地中に機械基礎が残っている場合、産業廃棄物が敷地内に埋設されている場合や漏洩している場合もあります。

hp-00503-3.jpg

このように土地を選ぶに当たっての条件作りは様々な角度からの検討のために専門的な知識も必要です。
敷地探しはご予算の都合もありますがぜひ事前に専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。
いままでの知見から建築主の立場に立った適切なアドバイスをいたします。
お気軽にご相談ください。

2017.02.20

建築探訪 千葉県

建築研究

先日、千葉県を訪れる機会を利用して、いくつかの建築を見学してきました。


osirase10.jpg
千葉県立美術館 1974年 大高建築設計事務所

osirase11.jpg
千葉県立中央図書館 1968年 大高正人

osirase12.jpg
DIC川村記念美術館 1990年 海老原一郎

osirase13.jpg
ホキ美術館 2010年 日建設計

osirase14.jpg
三里塚教会 1954年 吉村順三


category

back number

RSS