小径の家

  • 小径の家
  • 小径の家
  • 小径の家
  • 小径の家
小径の家 小径の家 小径の家 小径の家
竣工時期
2011年12月
用途
住宅・車庫
構造規模
木造 2階 254.28㎡
所在地
群馬県渋川市
設計
米田雅夫 横堀将之

現代の住宅に求められる今日的課題、環境負荷の小さいすまいとし、適切な省エネ計画により、低光熱費での生活を可能にしています。
また大地震にも耐えられる耐震性能の高い構造でありながら、伝統的日本の感性を引き継ぐ住宅として計画されました。

市街地の中心に位置しながらも静かな環境に適合するよう、ゆるい坂道の小径に沿うように建物は配置されています。
外観はむくりをつけた一文字葺きの屋根瓦が特徴的です。関西地方では良くみられる形態ですが、銅板葺きの低い下屋屋根と合わせて柔らかな表情がより静かなたたずまいを際立たせています。

内部は日本的な意匠でまとめられていますが床面の平滑化等ユニバーサルデザインで統一されています。

2011年3月

2011年3月

地鎮祭が執り行われました。
小径に面した敷地であり、完成すれば敷地内にも小径が出来ます。

2011年3月

2011年3月

地盤の表層を改良しています。
セメント系の固化材を既存土壌に混和させることで安定した地盤を造ります。

2011年4月

2011年4月

基礎の配筋を検査しました。

2011年4月

2011年4月

基礎スラブのコンクリート打設の様子です。

2011年5月

2011年5月

上棟しました。

2011年6月

2011年6月

屋根工事が行われています。

2011年6月

2011年6月

瓦が葺き上がりました。一文字瓦です。

2011年7月

2011年7月

下屋は銅板を葺いています。

2011年7月

2011年7月

軒天の施工が行われています。杉板を貼っています。

2011年7月

2011年7月

内部の造作工事が行われています。

2011年8月

2011年8月

軒裏に杉板が貼られました。

2011年9月

2011年9月

内部では天井裏に気密シートが貼られ、断熱材が施工されています。

2011年10月

2011年10月

床、天井材が搬入され、工事が進んでいます。

2011年11月

2011年11月

天井が貼られました。

2011年12月

2011年12月

工事も終盤にさしかかり、設備機器の取付が始まりました。
写真は換気に使用する給気扇です。