そこに在った家

  • そこに在った家
  • そこに在った家
  • そこに在った家
  • そこに在った家
そこに在った家 そこに在った家 そこに在った家 そこに在った家
竣工時期
2016年5月
用途
住宅
構造規模
木造 2階建 104.40㎡
所在地
高崎市
設計
横堀将之

敷地は住宅地の南東の角で日当たりの良い場所です。東に向かって下がる榛名山の裾野に位置し、2階からの眺めも良好です。そこに在った家はこの恵まれた立地を活かしてここに当たり前に存在するような、昔から建っていた気がするような落ち着いた佇まいの家です。

2015年10月

2015年10月

地鎮祭を行ないました。
家の完成、工事の安全を祈りました。

2015年10月

2015年10月

いよいよ着工し、柱状改良を行いました。これから基礎の配筋工事が始まります。
現場で実際に使用される鉄筋の検査を行いました。

2015年11月

2015年11月

建築主と垂木の塗装を行いました。

2015年11月

2015年11月

外壁仕上げに用いる事を検討するため、焼杉の制作実験を行いました。

2015年11月

2015年11月

建方が行われ、上棟しました。

2016年1月

2016年1月

内部の工事が進んでいます。
塗装は未だですが、おおよその姿が見えてきました。
コンパクトながら立体感、奥行き感のある家になりそうです。