三角の家

  • 三角の家
  • 三角の家
  • 三角の家
  • 三角の家
  • 三角の家
三角の家 三角の家 三角の家 三角の家 三角の家
竣工時期
2004年10月
用途
住宅
構造規模
木造 2階 103.63㎡
所在地
群馬県前橋市

変形敷地を有効に活用した住宅

三角の家は前橋市郊外の三角形の土地を有効に生かした住宅です。
区画整理の関係で生じた三角形の土地を入手したところから設計が始まりました。
広いリビングを中心に無駄なく部屋が配置されています。
東側の道路は調整区域の耕作地に面し眺望が開ける一方外部からの視線が気になるところです。浴室等は2階に設けることでプライバシーを保っています。
外部は屋根、外壁共に耐候性の高いガルバリウム鋼板を使用したことが外観を特徴づけています。ガルバリウム鋼板を採用したことで外壁の維持管理が非常に簡便になりました。また二重野地板を採用したことにより金属板葺き特有の雨音、及び太陽による輻射熱の遮断に成功しています。
内部は柱や梁、筋かいまでも化粧材としてあらわし、白い壁との対比が暖かみを感じさせる空間となっています。
「2004ぐんまの家」設計・建設コンクール 入賞

地鎮祭が執り行われました。

基礎工事が始まりました。

(木材検査)使用する木材の形状、材質、乾燥度合い等を調べました。

(配筋検査)鉄筋の組み立て状況の確認を行いました。

基礎工事が終わりコンクリートの養生中です。
急激な乾燥等による悪影響の排除のため、シートで直射日光をさえぎります。

6月10日上棟し、屋根工事、軸組み工事がほぼ終了しました。
台形形状の平面は棟梁の腕の見せ所です。

内部造作工事、及び外壁仕上げ材取り付け工事が進行中です。
8月中にほぼ完成の見込みです。

竣工しました。